k-takahashi's blog

個人雑記用

見知らぬものと出会う

 

 ファーストコンタクトものはSFの重要なサブジャンルの一つであるし、FCS(First Contact Simuratilon)という試みもある(FCSはイコールSFではないが、そういうのを面白がって本気で取り組むのはSFファンが多い)。

本書は、そのファーストコンタクトをネタにして、コミュニケーション論を色々と解説している。

 

試み自体は買うとして、中身は「ああ、もうちょっと」というところ。コミュニケーション論の紹介は、「へえ、そんなのがるのか」という知的好奇心を満たしてくれるのだが、肝心のSFとの絡みがあまりうまくいっていない。ファーストコンタクトSFからコミュニケーション論へ繋ぐ部分がもっと丁寧だといいのだけれど。

SF大会の企画かなにかで、SFとりあえず置いといて、コミュニケーション論を丁寧に解説する方がいいフィードバックが貰えるのではないだろうか。

 

あと、これはときどき見かけるその手の人達の悪い習慣のひとつなのだが、中途半端に科学の単語を比喩として使っていていらつくことがある。本書もそういうきらいがある。

科学や数学の言葉から「哲学的な意味や人生訓話を引き出してはいけない」。

 

軍事研究 2019年5月号

軍事研究 2019年 05 月号 [雑誌]

軍事研究 2019年 05 月号 [雑誌]

現場では何らかの合意があるという推測が支配的だったそうで、その辺の事情が解説されている。署名式のスケジュールが発表されていた、集合時間が異様に早くなった、という辺り、面白い

*進化する日本のイージス艦(多田智彦)

まや型2隻が就役すれば、イージス艦8隻体制になる。こんごう型4隻、あたご型2隻と合わせて、イージスシステムの違いなどを整理・解説する記事。

*国産か?輸入か?スタンド・オフ電子戦機(小林春彦)

F-35Aがそれなりの電子戦能力を持つことから、スタンド・オフ電子戦機が必要かどうかという話になっているそうだが、導入するとしたらどんなものになるかという話。もちろん、専用機は能力が高いし、正面戦力であるF35にはその役割に集中してもらうという考え方もある。

*徹底検証!サイバースパイ行為の手口(井上孝司) ファーウェイ疑惑の解説記事。疑惑逸らしの記事への批判もあるが、面白いのは、DARPAの研究紹介。部品埋め込み用の超小型認証チップ "SHIELD"と偽造電子部品ソフトウェア "IRIS"の2つの概要が紹介されている。(ファーウェイ問題とは別だけれど、記事中で紹介されている)