k-takahashi's blog

個人雑記用

軍事研究2021年2月号

 

軍事研究 2021年 02 月号 [雑誌]

軍事研究 2021年 02 月号 [雑誌]

  • 発売日: 2021/01/09
  • メディア: 雑誌
 

鬼滅の刃!『指向性エネルギー兵器』」(宮脇俊幸)。タイトルはお笑いだが、中身は日米のエネルギー兵器の最新情報。最近話題のドローンスウォームに対しては、高出力マイクロ波が有効と言われている。レーザーについても、センサーを無力化する数kW~本体を破壊する数十kWと色々あり、海軍のODIN(対センサー)は実戦配備済み、HELIOS(破壊可能)は今年運用開始。陸軍のMEHELは実証実験、MMHELは性能試験中。空軍のHELWSは実証実験中。防衛省は実験中。

 

「バイデン登場で米中対立の構図はどう変わる」(黒井文太郎)は、2020年の流血の総括、という物騒な小見出しが付いているが、昨年の記事の答え合わせになっている。ベイ・イランは予想外の展開だったが今は小康状態。しかし、火種が多い。あと中国は色々とあれだ。

 

無人/有人両用機『ファイヤーバード』」(石川潤一)は、ノースロップ・グラマンの開発した無人機だが、「有人化」できるというもの。航空条約上、無人機が飛べない地域があるが、有人機ならそこでも運用できるという話。「Optionally Piloted Vehicle」(OPV)というそうだ。

無人機だと機首部分に通信機器や制御機器を載せているが、ここをコックピットに入れ替えることができる。同機の場合、2人で2時間の作業と簡易に実行可能になっている。他にも様々なペイロード(既に22種類ある)を用意しており、多用途性もアピールしている。

 

 

 

夕食:おでん、積ん読:7冊

今朝部屋の照明が点灯せず、昼休み時間に蛍光灯を買ってきたがこれもダメ。電器屋で蛍光灯が正常であることを確認して貰ったうえで、照明の買換をして再設置。

もう、蛍光灯型ではなくて、LED+レンズなんだねえ。

 

トラベラーリプレイ「悪徳ローンをぶっ飛ばせ!」

conos.jpエアコミケで入手したトラベラーのリプレイ本。なんというか、懐かしいノリのリプレイ。TACTICS 18号のトラベラーのリプレイがこんな感じだったなあ。
芝村裕吏氏が言及しているような遊び方を素直に持ち込むとこんな感じになると思う。楽しそうにやっているのもよい。

とはいえ、2021年の今、トラベラーをこういう風にプレイするかというと、ちょっと違うかもという印象も持った。適当なラノベを探して、その世界を借りてきて、書かれているような運用する方がしっくりくるんじゃないかな。